VRMLと3Dプリンター

DMMの3Dプリントサービスの入稿ファイル形式にはVRMLが含まれているようですね。

とすると「ポリゴンウォーク」のオリジナルツールで制作して空間もそのまま3Dプリントできるのだろうか…。

ちょっと試してみたい気がします。

indexFaceSetノードしか対応してないと厳しいですが。

3Dプリンターの普及で世の中に3Dモデルが増えてきたら、たくさんのVRMLデータが出てくると思うのでそういったモデルをポリゴンウォークに提供してくれたら、それを組み合わせて誰でも簡単に仮想空間を制作できる環境になるかもしれませんね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>