クリエイターが投稿した仮想空間を歩いてアバターチャットを楽しもう
メンバー登録

自作で仮想空間と簡易ゲームが作れるVRML管理システム
開発者ブログ

© ポリゴンウォーク

【ポリゴンウォークの遊び方】

1)3D画面閲覧の準備

「ポリゴンウォーク」で3D仮想空間を閲覧するためには、以下のプラグインのインストールが必要となります。

Cortona3Dのインストールはコチラ

Cortona3Dのインストールは数分で完了します。

インストールが完了すると「ポリゴンウォーク」の3D画面を閲覧しアバターチャットを楽しむことができます。

2)3D画面の操作方法

以下が「ポリゴンウォーク」の操作画面です。


①操作モード…

左から「歩行」「浮遊」「見まわし」というモードになります。

②移動方法…

左から「自由移動」「垂直移動」「回転移動」となります。

③視点補正…

左から「ターゲッティング(見たいものに視点を合せる)」「水平補正(傾いた視点を水平に戻す)」となります。

④視点切替…

ワールドに複数の視点が用意されている場合はその視点を切り替えることができます。

⑤コメント…

この欄にコメントを入れるとアバターが発言します。(ログイン時のみ)

3)アバターチャットや簡易ゲームを楽しむ

「ポリゴンウォーク」に会員登録してログインするとアバターチャットや簡易ゲームを楽しむことができます。

アバターのフェイス画像を登録したらワールドに入って早速散策をしてみましょう。

美しい仮想空間内でのコミュニケーションは一般的なウェブ上のコミュニケーションとは一味違ったものとなります。

4)自作の空間を作成して公開する

「ポリゴンウォーク」では、自作の空間も簡単に公開ができます。

既存の3D制作ソフトで作成した3DモデルをVRML形式にエクスポートしてご自身のサーバーに置いて頂いた後、「ポリゴンウォーク」の「プロジェクト管理画面」より登録して公開して下さい。

また、「ポリゴンウォーク」では誰でも視覚的な操作で簡単に空間を作成できるオリジナルツールを用意しています。

3D空間のクオリティは大きくオブジェクトに貼り付けるテクスチャ画像のクオリティに依存するところがありますので、テクスチャ画像さえあれば基本形状(球、立方体、円柱、円錐)の 組み合わせでかなりのものが制作できると思います。

テクスチャ画像はウェブ上にフリーのものがいくつもありますのでそこからダウンロードしてお使い頂ければと思います。